オレンジのトップページ

2018年10月31日水曜日

Zabbix3.4でNetApp(OnTAP9)のトラフィックを取る

NetApp検証機欲しいなぁとヤフオク見てるんだけど、当然新しいのは高いし今更7modeの古いOSのも欲しくないしで買っていません。 ユーザ企業も5年リースのリプレースでまた買い直しはコストパフォーマンス悪そう。と思ってたらOntap-selectっていうPCサーバのディスクをストレージとして提供する製品があるらしいので今後はそっちが増えるのかな。

さて今回は、ZabbixでNetAppを監視するテンプレートに、CPUやストレージだけでネットワークインタフェースは入っていなかったので、手作業で登録した手順です。

NetAppって多数のネットワークインタフェースを用途により使うのに加え、HA機はコントローラが2個入ってるから確認が大変ですが、Zabbixのスクリーンに管理LAN側とストレージLAN側とで整理して登録するとわかりやすいです。

手順

1.適当なLinuxサーバにZabbix3.4をインストール

2.NetAppのテンプレート取得

https://share.zabbix.com/search-by/vendor?value=NetAPP

何種類かあって試しましたがどれも似たようなものです。
zbx_export_templates (13).xml 2018-06-19 zabbix 3.4.x
を使いました。デフォルトではCPUやストレージ領域を監視できます。

3.NetApp(OnTAP9)のSNMPを有効にします。sshで繋いでからコマンドで

SNMP有効化
options -option-name snmp.enable -option-value on
コミニュティ設定
system snmp community add -community-name コミニュティ名 -type ro
設定確認
system snmp show

4.NetAppのネットワークインタフェースのOIDを調べます。

http://www.mibdepot.com/cgi-bin/getmib3.cgi?win=mib_a&r=netapp&f=netapp_2_2_2.mib&v=v2&t=tree
NetAppのMIBは1.3.6.1.4.1.789 からのようです。表を参考にネットワークインタフェースはこの3つを調べます。
・netifDescr(名前)1.3.6.1.4.1.789.1.22.1.2.1.2
・if64InOctets 1.3.6.1.4.1.789.1.22.1.2.1.25
・if64OutOctets 1.3.6.1.4.1.789.1.22.1.2.1.31

続いてZabbixをインストールしたLinuxマシンから
snmpwalk -v 2c -c コミニュティ名 NetAppの管理IP .1.3.6.1.4.1.789.1.22.1
でそれらしいのを探します。見つかったインタフェースのOIDがこちら。
名前
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.2.1 cluster1-01:e0c 
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.2.2 cluster1-01:e0d
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.2.3 cluster1-01:e0e
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.2.4 cluster1-01:e0f
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.2.5 cluster1-01:e0a
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.2.6 cluster1-01:e0b
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.2.7 cluster1-01:e0M
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.2.8 cluster1-01:e0P
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.2.11 cluster1-01:a0c(e0cとe0cのLAG)
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.2.65537 cluster1-02:e0c
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.2.65538 cluster1-02:e0d
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.2.65539 cluster1-02:e0e
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.2.65540 cluster1-02:e0f
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.2.65541 cluster1-02:e0a
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.2.65542 cluster1-02:e0b
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.2.65543 cluster1-02:e0M
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.2.65544 cluster1-02:e0P
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.2.65547 cluster1-02:a0c(e0cとe0cのLAG) 
末尾の数字がどのインタフェースなのかわかりました。以下実際のデータのOIDです。
IN
cluster1-01
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.25.1
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.25.2
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.25.3
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.25.4
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.25.5
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.25.6
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.25.7
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.25.8
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.25.11

cluster1-02
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.25.65537
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.25.65538
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.25.65539
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.25.65540
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.25.65541
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.25.65542
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.25.65543
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.25.65544
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.25.65547


OUT
cluster1-01
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.31.1
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.31.2
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.31.3
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.31.4
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.31.5
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.31.6
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.31.7
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.31.8
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.31.11

cluster1-02
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.31.65537
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.31.65538
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.31.65539
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.31.65540
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.31.65541
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.31.65542
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.31.65543
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.31.65544
SNMPv2-SMI::enterprises.789.1.22.1.2.1.31.65547

5.アイテム登録

今回の構成ではe0a e0b e0Mが管理ネットワーク側インタフェース、e0c e0eがストレージ側ネットワークの合計5つが流量を計測したいインタフェースです。HA機なのでx2の合計10個をアイテム登録していきます。

データはOctetsつまりバイトの積算ですので、1秒あたりの差分を取って8で割ればbpsです。

これを計測したいインターフェースで同じようにし合計10アイテムを登録します。。。。間違えそう。

6.スクリーン登録

管理ネットワークのIN/OUT、ストレージネットワークのIN/OUTとグループに分けました。

これでぱっと見て、どの程度のデータが流れているかわかるようになりました。
以上です。

0 件のコメント:

コメントを投稿